援助交際の妊娠リスク


一昔前ほな、深刻な社会問題としいやはびこっとった援助交際どすけど、現在ほな、幾分、下火になってきたように思うて。
援助交際が爆発的に流行しいやおいやしたかつて、そらいっぺんに少年犯罪ん件数もぎょうさん、リンチ事件や望まへん妊娠・おとうちゃんんわかれへん子ん妊娠やらなんやらも、問題になってやはった。
きょうびほな、性ん低年齢化やらなんやらが社会問題としいやとりあげるモンん、おなごん子が積極的に援助交際を行っとるちゅう傾向にはあらしまへん。
他方、援助交際が全国的に行われとった時代、妊娠によるリスクが少おなごたちんなかで軽くあしらわれとった傾向もおしたようどす。
リスクがおますかどないかを判断しはるほどん知識が無く、避妊を確実に行っとったおなごん子も少おへんどしたようどす。
お金が欲しいといった欲求が先立ってしまい、妊娠しはるちゅうリスクをあんまり考えていおへんどしたのどす。
危機感も薄く、実際に妊娠しいやから、ことん重大さに築いて思い悩む少おなごが、当時は後を絶たおへんどしたのどす。

援助交際ん当事モンどした高校時代んうちも、援助交際が引き金になって妊娠をしいやしもた友人がやはった。
そん子も「妊娠せん」ちゅう根拠もへん自信があって、最終的にはそん軽率さが仇となってしもたんえ。
望まへん子を妊娠しいやしまい、わてほな経済的かて愛情ん面やて育てられへんと自覚しいや、結局一つん命を落としいやないないする……それが、妊娠んリスクなんえ。
援助交際をしはるさかいあれば、妊娠について、命について、考えもって責任おます行動を取る必要があります。

関連ページ

Comments are closed.